日帰りで富士急に行く

main-img

富士急に遊びに行きたくても、一日しか時間が取れないので諦めてしまうという方もいるのではないでしょうか。
確かに、せっかく行くのならば泊りでゆっくり遊びたいというのもわかります。


しかし、せっかく行きたいと思っているのに時間が無いからと諦めてしまうのももったいないことです。

富士急は泊りでないと行けないということはありません。

関西から沖縄に有効な情報の紹介です。

日帰りでも行くことができます。
富士急に行くツアーも各旅行会社から出ていて、その中には日帰りにものもあります。

関東地方からはもちろん、中部圏などからも日帰りのバスツアーがあります。


一日しかないからと言って諦めることはないのです。またツアーならば交通費にプラスして入園料も含まれているものもあります。


そういった場合、団体料金になっているので個人で行くよりも安くなってお得に入ることが出来ます。



もちろん近くからなら個人で行った方が周りの人に気兼ねせずに行けるという利点があります。
しかし、遠方からで行くのにもお金が掛かってしまい、現地についても入園料が掛かってしまうという状況ではなかなか行くのに躊躇してしまうことがあります。



そういったときは、とりあえず安いツアーを探して日帰りで行くのがおすすめです。

もしもまた行きたくなって、今度はもっとゆっくりと思ったら今度は個人で行くというプランに切り替えればいいということです。

まずは富士急に日帰りで行ってみて、次は泊りでということも出来ます。

学ぼう旅行の事

subpage1

富士急ハイランドといえば、富士急行線の沿線に位置する遊園地です。富士急行線はかつての富士山への足であること以外にも新たな目的地を獲得し、今や絶叫マシンの聖地とさえ呼ばれる遊園地とのアクセスが注目されていますが、山梨県は首都圏であると言いながらも東京から高速バスでさえ1時間以上を要し、簡単に日帰りで遊べるかというとなかなか難しい場合があります。...

more

旅行の実態

subpage2

富士急と言えば、山梨県にある遊園地が真っ先に浮かぶ人も多いでしょう。富士急行は鉄道やバスのみならず観光業、百貨店なども手掛けています。...

more

旅行の話

subpage3

関西や関西よりの中部に住んでいる場合、新幹線や電車、自動車で富士急ハイランドへ行くよりも、関西発の高速バスや夜行バスで行く方が断然安いです。比較的安めな電車で比較した場合、往復で合わせて10000円程度旅費を浮かすことが出来ます。...

more

1から学ぶ旅行

subpage4

関西周辺には絶叫マシーンが少なく、三重県の長島スパーランドが有名ではあるものの関西とは言い難い場所です。よって、絶叫マシーンのメッカである富士急ハイランドは注目されている遊園地です。...

more