関西発のバスで富士急ハイランドへ

関西や関西よりの中部に住んでいる場合、新幹線や電車、自動車で富士急ハイランドへ行くよりも、関西発の高速バスや夜行バスで行く方が断然安いです。

比較的安めな電車で比較した場合、往復で合わせて10000円程度旅費を浮かすことが出来ます。
関西発のバス料金は、チケット代も入っているので、富士急ハイランドに到着してからチケットを買う手間が省けます。
あらかじめフリーパスチケットが値段に組み込まれているので、現地についてから並ぶ必要が無いのです。
バスに乗っているだけで、そういった心配はすることなく純粋に楽しむことが出来ます。

ラフティングツアーについての詳細な情報を知りたいならおオススメのサイトです。

特にお金を掛けずに安く済ませたい場合、深夜バスを利用するとさらにおすすめです。夜出発して、朝に到着します。



後は日が暮れるまで富士急ハイランドで楽しんだら、バスが指定時間に来てくれるので、それに乗って帰るだけです。


関西発の便は毎日運行があるので、なかなか予定が合わない場合でも、最低1日休みが取れれば、十分堪能することが出来ます。



また、ゆっくり遊びたいと考えている人にもおすすめです。


現地について遊んだあとは近くのホテルで1泊します。2日目も同じように遊園地で遊んだら、深夜バスで帰ります。
このプランの場合、2倍の時間富士急にいられるので、小さい子供を連れてゆっくり満喫していと考えている人にもおすすめできます。

電車の場合乗り継ぎに神経をすり減らさなければならず、自動車だと、運転手が長時間の運転で疲れて十分に満喫できません。

以上の点から関西発のバスで富士急へ行きましょう。